100均で全てそろう!?ビーズ遊びで子供の脳を刺激

シェアする

指先・手先を使うとボケない、脳の発達が促されるとよく聞きますよね。子供に指先を使わせる遊びなら、私はビーズ遊びが断然オススメです!紐通しと呼ばれるおもちゃもありますが、そのおもちゃ自体が高いし、ただ紐を通すことが目的です。

その点、ビーズはブレスレットやネックレス、指輪など作った後に身につけて遊ぶこともできます。ビーズも小さいので飽きずに長く遊べます。(小学校高学年の従姉も遊んでました)

スポンサーリンク
【peejoe】レクタングル(大)

ビーズ・糸・ケースと100均で全て揃っちゃいます!

1ビーズ遊び
100均により置いてあるビーズも様々なので、色んな種類のビーズが手に入ります。大きさにもよりますが、だいたい15個〜20個くらい入ってます。ケースも100均です。100均には小物入れやお薬入れなどこんなケースが豊富にありますよね。カラフルなビーズを入れると、宝石箱みたいにワクワクします。
ビーズ遊び
これは2歳4ヶ月くらいの時です。ビージョー娘も2歳頃から遊び始め、今でも(4歳前)よく出してきては遊んでいます。小さいうちは上手く糸が穴に入らずイライラしますが、そんな時は手を握って一緒に穴に通してやります。それを何回かするうちに出来ようになります。
ビーズ遊び
ビーズで作ったブレスレットです。好きな色や形を自分で取り楽しみます。糸はビーズについているのもあるのですが(上記写真だと赤い糸ですがあまり伸びない)、ビーズ用の伸びる糸を買うのがオススメです。
ビーズ遊び
糸の先はテーブルに止めておきます。腕に自分が作ったブレスレットをしながら作業しているのが、既に女子です(笑)
ビーズ遊び
穴の大きさはビーズにより様々。始めは大きい穴のビーズで・・・出来る様になれば、だんだん小さいビーズに挑戦です。(一番小さいビーズはフライングタイガーで買いました。)
ビーズ遊び
これは3歳10ヶ月くらいです。もはや内職です。

まとめ

ビーズを買いに行く時は、「今日はどのビーズで作ろうか〜」なんで一緒にビーズを選んでも楽しいです。作り終わった後にはそれを身につけて遊べてます。お気に入りができると「わたし、このブレスレットつけてお出かけに行く!」なんてことも。

小さい穴に糸を通す作業はとても集中力が必要です。ピージョー娘も夢中になって作業しています。大きくなれば、形や色の組み合わせなどを考えながら自分の好きな作品を作ることが出来ようになります。指先も使い器用になり、集中力もつき、クリエイティブな力もつけらえる!オススメの遊びだと思います。

スポンサーリンク
【peejoe】レクタングル(大)
【peejoe】レクタングル(大)

シェアする

フォローする