きっと頭がよくなる!木の知育玩具「立体パズル」なら頭を使いながら遊べるよ

シェアする

おもちゃってたくさんありますが、どうせ遊ぶなら頭がよくなるおもちゃがいいですよね。

2歳半くらいになりだんだん1人遊びもできるようになってきたので、1人でも(勝手に)遊んでくれて、頭も使える知育玩具が欲しいと思っていました。私の家には積み木もなかったので、プラスチックではない木のおもちゃにしようと決めました。

そしてAmazonの知育玩具カテゴリーで探しまくってみたところ、知育玩具「立体パズル」(エド・インター)を見つけました。金額もべらぼうに高いわけではないのが魅力でした。

知育玩具「立体パズル」(エド・インター)
110種類の作品例が収録されており、平面から立体まで作れるカラフルなおもちゃです。箱にも記載がありますが、“From 4 to 99 years old” 子供から大人まで遊べる知育玩具です!(箱にだいぶ使用感がありますね。それだけ遊んだということです。)
スポンサーリンク
【peejoe】レクタングル(大)

木のおもちゃ!カラフル!全ての色と形が違う!

木のおもちゃ!カラフル!全ての色と形が違う!
まずカラフルで全ての色と形が違いパズルでも遊べますが、積み木として遊んでも充分楽しめます。
箱にきれいに収まる様になっているので、遊びながらお片づけできます。
箱にきれいに収まる様になっているので、遊びながらお片づけできます。

わかりづらくて申し訳ありませんが、右側写真の赤枠のところに固い紙(枠みたいなもの)が入っていました。なのでピッタリ、パズルの様に積み木が収まります。(その紙はボロボロになったので捨てました。)

このおもちゃは、平面から立体まで遊べて、難易度は★〜★★★★★まであります。

これは車です。平面だと1つの形に8つの組み合わせパターンが書いてあります。
これは車です。平面だと1つの形に8つの組み合わせパターンが書いてあります。
これはクリスマスツリーです。平面の一番難しい形です。ここまでくると使う積み木の数も多くなります。
これはクリスマスツリーです。平面の一番難しい形です。ここまでくると使う積み木の数も多くなります。
これは4×4の立方体です。答えは書いてあるのでできましたが、なければ(私には)できません。
これは4×4の立方体です。答えは書いてあるのでできましたが、なければ(私には)できません。

遊んでみた感想

初めはもちろんできないのでものすんごいイライラしていました。このおもちゃの概念が理解できないらしく(2歳7ヶ月くらい)、いくら教えても出来ずに怒ってました。なので、お手本を作ってあげて教えてあげました。

知育玩具「立体パズル」(エド・インター)で遊ぶ
お手本は、お魚だけ8パターン作ってあげました。お手本の作り方は後で説明します。(テーブルが傷つくのでタオルを敷いてあります)
知育玩具「立体パズル」(エド・インター)で遊ぶ
このお手本で何回か遊んでると、お手本を使えば1人で遊べるようになりました。

でもお手本がないとまだ難しいらしく(2歳7ヶ月くらい)、その後は放置していました。

しかし、3歳前にふとしたきっかけで遊ばせてみたところ大はまり!お手本なしでもレベル★★★まで遊べるようになったのです。「チョウチョの1番できた!次は2番やってみよう〜」なんて当初目的としてた1人で(勝手に)遊んでくれるレベルに!ここからは「1人で必要な積み木を選び、形を作り、出来たら私に見せる」を繰り返していました。

まとめ

遊んでいる様子を見ると、真剣な表情で考えながら遊んでいるのがよくわかります。それだけ頭を使っているのではないでしょうか。

でもやはり積み木の数が増えると、出来ずに怒るという感じで今(4歳直前)はまた放置です。成長すれば「あれ?私、何かできる?」感じで、また新たな達成感を得ることができると思うので、それはそれでよいと思います。

立体になると大人(私)でも難しいです。年齢に応じて出来る形が増え、このおもちゃがうたっている通り、子供から大人まで遊べると知育玩具だと思います。

遊ぶ上での注意

まあ当たり前ですが、積み木なのでテーブルなどにめっちゃ傷をつくります。これでかなりテーブルに傷をつました。(テーブルで遊ぶ場合は毛布、タオルなどを敷くこをおすすめします。もしくは絨毯で遊びましょう!)

外の箱は捨てずに取っておいてください。ボロボロになるけどやっぱし収納するのには最適で必要な箱です。

おまけ

お手本の作り方

  1. (親が)好きな形を作ります。
  2. 作った積み木をスマホやカメラで撮影します。
    (白い紙や布の上に積み木を置き、真上から撮影してください)
  3. パソコンに取り込み(もしくはプリンタへ直接送り)印刷します。
    (積み木の大きさピッタリではなくても、遊び方を説明するためのものなので大丈夫かと思います)

評価★★★★★

・親評価 ★★★★★
・子供評価(親からみて)★★★★
(アナログなおもちゃなので飽きやすいかも)

遊ばさせた年齢

  • 2歳7ヶ月(プリントしたお手本を使い)
  • 3歳1,2ヶ月くらいで一人で、レベル★★★まで遊べるようになる。

おもちゃの詳細

立体パスル エド・インター

  • 本体サイズ : 25.0(W)×3.0(D)×25.0(H)cm
  • 男女共用
  • 対象年齢 : 4歳から
  • 重量 : 0.77kg
  • 定価(税込) 2,592円(税込)
スポンサーリンク
【peejoe】レクタングル(大)
【peejoe】レクタングル(大)

シェアする

フォローする